印鑑証明書の有効期限について

家と計算機と虫眼鏡

「印鑑証明書」は、「実印」の真正を担保し、重要な取引等を安全に行う目的で使用されますが、印鑑証明書そのものに有効期限の定めはありません。

しかしながら、提出先により有効期限が定められているものがあります。

売買による所有権移転登記における売主(登記義務者)の印鑑証明書や、株式会社の設立登記における取締役や代表取締役の印鑑証明書等は「作成後3カ月以内のもの」とされています。

一方、遺産分割協議書に添付する相続人の印鑑証明書については有効期限の定めはありません。(預金等の相続手続きにおいて金融機関によっては3ヶ月または6ヶ月以内に発行された印鑑証明書が求められる場合がありますので、事前に提出先に確認をお願いします。)

このように、印鑑証明書の有効期限は提出先によって異なることから、十分に確認のうえ取得するようお願いします。

印鑑証明書については、第三者であっても実印の印影を把握できる機密性の高い書類であることから、必要に応じて都度取得する、使用しなくなった場合には廃棄するなど、有効期限にかかわらず、その管理は厳正に行うことが必要であると考えます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次